松田聖子 テレビ出演はNHK紅白歌合戦までお預け? 民放音楽番組への出演が実現しない背景

2022年07月25日 05時15分

松田聖子(東スポWeb)
松田聖子(東スポWeb)

 昨年12月に、愛娘・神田沙也加さん(享年35)を亡くした歌手・松田聖子(60)に、民放の大型音楽番組への出演オファーが殺到しているという。

 現在、コンサートツアー「Seiko Matsuda Concert Tour 2022 My Favorite Singles&Best Songs」の真っ最中の聖子。9月にも2日間の武道館公演が追加されるなど、変わらない人気を博している。

 聖子の人気ぶりはファンだけでなく、テレビ局も一緒。ある音楽関係者は「このほど各テレビ局で大型音楽番組が放送されましたが、聖子さんのところにも、当然ながら出演オファーは殺到していたそうです」。

 昨年末にまな娘を亡くしてから、コンサートこそ行っているものの、テレビ出演はなし。出場予定だったNHK紅白歌合戦も直前で辞退した経緯がある。

「テレビ局側としては聖子さんをどうしても出演させたい。そのため、局の上層部が乗り出して、猛攻を掛けるなどしたようですが、結局、出演までには至らなかったようです」と同関係者は言う。

 もっとも、昨年の紅白の際〝出場するのでは〟という内容の報道が出た際、かなりのバッシングがあったのも事実だ。

「聖子さんサイドもその時はバッシングにかなり苦しんだそうです。だからこそ、テレビ出演は慎重になっているのかもしれません。ただ、昨年末にキャンセルになったディナーショーから音楽活動をスタートさせたように、テレビも出演辞退した紅白からというのが、聖子さんなりの筋の通し方なのかも」(同関係者)

 今年の紅白歌合戦に注目だ。

関連タグ: