三山ひろしが恒例のカブトムシお渡し会開催 今年はオオクワガタも登場!!

2022年07月24日 17時23分

カブトムシお渡し会を開催した三山ひろし
カブトムシお渡し会を開催した三山ひろし

 演歌歌手の三山ひろし(41)が24日、都内で自身で飼育したカブトムシのお渡し会を行った。

 このイベントはファンクラブに向けて譲渡希望者を募って行われるもので4年連続4回目となる。三山は「今年のカブトムシは梅雨時からの酷暑で気温が高く、蛹化が早く羽化不全がありました。また昨年のお渡し会の時期から産卵期を長くとることが出来ず産卵総数が少なくなってしまいましたので、去年より少ない30数匹の羽化数となりました」と説明した。

 今回はオスメスのつがいで1セットとしたものを9セット、希少なオオクワガタもオスも5匹用意した。「飼育マット交換タイミングや菌糸瓶の使用方法などカブトムシ、クワガタの飼育はいろいろとコツがあります。ぜひ、みなさんも次の世代につなげる飼育をしてみてください。もし今年限りになってしまったら、標本にする展足にも挑戦してみてください」と熱っぽく語った。

 三山のカブトムシの飼育は5年前に夜店で購入したつがいの飼育から始まったが、今ではブリーダー顔負けの知識を持ち、個体の特徴を活かしたブリードにも挑戦している。

 コンサートやイベントなどに引っ張りだこの三山ひろし。6月に発売された最新シングル「夢追い人」を携え、8年連続の「NHK紅白歌合戦」出場にも意欲満々だ。

関連タグ: