竹島宏 歌手人生20年間で「不安で眠れない日もあったけど、今日までたどり着けた」

2022年07月24日 18時00分

コンサートを開催した竹島宏(東スポWeb)
コンサートを開催した竹島宏(東スポWeb)

 演歌歌手・竹島宏(43)が24日、都内でコンサート「Birth~キセキ~」を開催した。

 竹島は、昨年7月でデビュー20周年を迎えた。コンサートでは、4日付のオリコン演歌・歌謡シングルランキングで1位を獲得した新曲「一枚の切符」など25曲を披露。

 20年前のデビュー日について、竹島は「すごく覚えています。イベントを浅草の花やしきでやらせていただいて、今日のように暑い日で滝のような汗をかきながら」と話した。

 これまでの歌手人生を振り返り「あっという間。こうしたお仕事は、よく人と比べられることが多い。自分の20年の歩み、成長がどうだったかは疑問だけど、自分自身は充実していた。不安で眠れない日もあったけど、それもこれもひっくるめて今日までたどり着けた」と語った。

 昼の部、夜の部合わせて約1500人を動員。「20年という大きな節目は、10年の時とは味わうものが違う。歌手を辞めたくなるくらい、つらくて、自分の気持ちがどうしようもなくなることもあった。そんな時にファンの皆さんが励ましをくれた。恩返しというか、自分の歌で豊かな気持ちになってもらいたい」と感謝を述べた。

関連タグ: