コロナで1年8か月撮影中断の映画公開に萩原聖人「心から感謝します」

2022年07月23日 17時12分

左から五十嵐匠監督、萩原聖人、村上淳、香川京子(東スポWeb)
左から五十嵐匠監督、萩原聖人、村上淳、香川京子(東スポWeb)

 俳優の萩原聖人(50)が23日、都内で行われた映画「島守の塔」公開記念舞台挨拶に出席した。共演の村上淳(49)、香川京子(90)、五十嵐匠監督(63)も同席した。

 映画は第二次世界大戦末期、住民を巻き込む壮絶な地上戦が行われた沖縄戦を描いている。

 映画の撮影中にコロナが猛威を振るい始めたため1年8か月の撮影中断を余儀なくされた。

 公開を迎え、萩原は「もしかしたら今日という日を迎えることができないんじゃないかという中で完成した作品です。監督を始めとするキャスト、スタッフの信念とそれを支えて下さった方々があって今日という日を迎えることができました」と感謝を述べた。

 続けて「僕自身は戦争を体験したわけではないので本当の戦争の何かって知らないかもしれない。でも戦争は誰も幸せにしないということは強く感じます。今を生きる皆様が、この作品を選んで観に来てくれたことを心から感謝します」と頭を下げた。

関連タグ: