TKO木本武宏に「詐欺罪」「横領」の可能性…民事で損害賠償も? 有名弁護士分析

2022年07月22日 19時42分

渦中のTKO木本(東スポWeb)
渦中のTKO木本(東スポWeb)

 弁護士の三輪記子氏が22日、ABCテレビ「news おかえり」に出演。投資トラブルが報じられた「TKO」木本武宏についてコメントした。

 木本をめぐっては、仮想通貨やFXによる投資トラブルが報じられ、出演番組は次々と終了、変更を余儀なくされている。木本は後輩芸人やスタッフに投資を持ちかけ、5億円以上の出資金を集めたという。また、一部情報では共同で運用していた第三者と現在は連絡が取れており、代理人を立てて交渉する意向というが、今後刑事事件に発展する可能性も指摘されている。

 木本がどういう場合に罪に問われるか?を質問された三輪氏は「報道ベースでしかまったく分からないですし、これはあくまで可能性」と前置きし「もしまったく返せないということが分かってて、お金を受け取っていたというようなことが仮にあれば、詐欺罪になる可能性はあります。あるいは預かったお金を返せないのに自分で使っちゃったとかだったら、横領となる可能性もある」と言及した。

 一方、木本が第三者にだまされていた可能性もあるが、三輪氏は「木本さんが被害者かもしれないですよね。ただ、被害者であったとして、もし一切刑事責任を負わないとしても、民事上の損害賠償請求とかっていうことを受ける立場にあるのかもしれない」と分析。

 最後に「今の報道ベースでは正直、可能性を申し上げることしかできない」と重ねて言及し「ただ可能性としてはいくつか考えられますね」と語った。

関連タグ: