お見送り芸人しんいち「全部うそ」と悲壮告白 水ダウ企画で先輩・永野に悪態

2022年07月01日 21時13分

左から永野、お見送り芸人しんいち(東スポWeb)
左から永野、お見送り芸人しんいち(東スポWeb)

 芸人のお見送り芸人しんいち(37)が先月30日深夜に自身のユーチューブチャンネルでライブ配信。29日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)をめぐる騒動について言及した。

 同日の水ダウでは先輩芸人からの理不尽な説教を受けた後輩から陰口を引き出すというドッキリ企画「陰口引き出し王決定戦」を放送。しんいちの事務所の先輩・永野(47)が仕掛け人となり、しんいちら後輩たちを飲み会に引き連れ、説教をした。

 その後、永野が退席するとしんいちは「自分だけ売れればいいと思っている。力をつけてきた芸人がテレビに出始めると、めっちゃ足引っ張る」「マジで僕、ホンマ無理っすもん。今日で。もともと無理やと思ってたけど、今日でマジで無理になった」と言いたい放題。挙句の果てには「マジで老害」と激怒した。

 これには永野も思わず「破綻しましたね」とあ然。ネット上でもしんいちの態度に批判的なコメントが寄せられた。

 放送から一夜明け、しんいちは「炎上してるから癒されたい夜」というタイトルでライブ配信。当初は自身の弾き語りネタで「ネットニュースに昨日の夜あたりからなってるよ」と触れつつ「なぜかわからないけれど今日1日なんか騒がしい 心当たりがないよ」ととぼけていた。

 その後も「通知が鳴りやまない状態になりまして、そっから記憶ないんすよ」と知らないふりをしつつ歌ネタを披露。しかし、途中で画面からフェードアウトすると「なんで俺ばっか怒られてるねん!」「俺がなんかしたかなマジで!」と怒鳴り声が聞こえる場面もあった。

〝ハプニング〟はあったものの何食わぬ顔で配信を続けたしんいちだったが、配信終了間際に突然「こんなん言うと冷めるかもしれないですけど、全部うそ。うそやねん。ドッキリって気づいてたし。信用せんといてテレビ。演技うまいよね。テレビ怖いほんま。あれスタジオで撮ってたし。スタッフさんとか20人くらいいたし周りに」としどろもどろに。最後には「すみませんでした」と深々と頭を下げ、「誰か火を消してくれ…」と懇願した。

関連タグ: