高橋真麻 〝誤送金〟田口翔容疑者に感じた違和感「つじつま合わない」 第三者関与も?

2022年05月26日 09時52分

高橋真麻(東スポWeb)
高橋真麻(東スポWeb)

 フリーアナウンサーの高橋真麻(40)が26日、日本テレビ系「スッキリ」に生出演。山口県阿武町の誤送金問題で、田口翔容疑者(24)が逮捕されたことなどについてコメントした。

 事件をめぐっては、阿武町が誤送金した4630万円のうち、ネットカジノの決済代行業者の口座にある約4300万円が、20日に町の口座に返金された。

 高橋は「決済代行業者はたぶん深く調べられたくないから、真相は言わずに返金して、なかったことにしたいっていうのはあるんじゃないかな。そもそもこの話が、田口容疑者に対して、後ろで操っている人とか、あと入れ知恵した人がいない限り、本人がマネーロンダリングっていう発想になるとは私は思えなくて」と述べた。

 4月8日の誤送金に気づいた阿武町は、当日から町の職員が田口容疑者に面会するなど、何度も説得を試みていた。

 だが、誤送金で振り込まれた8日当日から、口座からの出金は行われていた。

 番組が入手した22分の会話記録で、田口容疑者は返金に応じなかった動機について「もう許せなかった。町に打撃を与えてやろうと思って」などと話していた。

 これについて、高橋は「つじつまは合わない。お金を動かしたから、後から理由づけとして言った可能性もあるし。誰かに入れ知恵されたとか、操作されてやった可能性もあると思う」と指摘した。

関連タグ: