谷原章介 ドーベルマン窃盗犯に〝犬の身になって〟苦言「正義感の押しつけ」

2022年05月20日 10時16分

谷原章介(東スポWeb)
谷原章介(東スポWeb)

 タレントの谷原章介(49)が20日、フジテレビ系「めざまし8」に生出演。千葉・木更津市でドーベルマンを盗んだ疑いで、動物保護団体メンバーの男女3人が逮捕されたニュースについて、コメントした。

 千葉県警木更津署は19日、窃盗と住居侵入の疑いで、岡島愛容疑者(29)、高橋里衣容疑者(29)、佐藤徳寿容疑者(51)を逮捕した。

 3人は共謀して、5月8日午後1時半~2時半頃、木更津市の79歳の男性宅の敷地に侵入し、ドーベルマン2頭と首輪2点を盗んだ疑い。

 この男性宅では、4月22日にドーベルマン4頭が逃げ出し、同日深夜に確保。岡島容疑者はこの時の捜索ボランティアに参加し、ドーベルマンを確保した人物だったという。

 容疑者らは番組のインタビューで、飼育環境が悪く、保護が必要などと話していた。

 谷原は「環境だけで、虐待されていたかどうかはわからないわけじゃないですか。助けてあげたいという気持ちなのかも知れませんが、これはイコール盗むという行為にもあたる」と指摘。

 さらに「正義感の押し付けになってしまっている。思うのは、犬自身のことを考えた時に、もともとの飼い主のことを愛していなかったのかどうか。環境を変えてあげたいっていうのは、実はその犬のことを考えているのか疑問」と話した。

 当初、ドーベルマンが脱走したとされたことについて「周辺の住民の方に不安を与えてしまった。そのことは本当に受け入れることができないとは思います。きちんと動物愛護のあり方、向き合って考え直してほしいなと思います」と述べた。

関連タグ: