「国民の恨み晴らします!」中条きよし氏参院選出馬で気になる〝76歳〟追跡

2022年04月29日 12時30分

若々しい中条氏(東スポWeb)
若々しい中条氏(東スポWeb)

 歌手で俳優の中条きよし氏(76)が28日に国会内で会見し、今夏の参院選に比例代表で日本維新の会から出馬することを表明した。

 中条氏は会見に同席した維新の馬場伸幸共同代表(57)と食事の席を共にする仲で、「馬場さんから『(社会に対する疑問を)声の届く場所に出て、叫んだらどうですか。そうすれば国民の皆さんの胸に響くんじゃないですか』と。人を頼りにするよりも自分がやることだと思いまして今回の立候補に至った」と明かした。

 76歳という年齢が一部で懸念されていたが、会見に臨む姿は背筋がピシッと伸び、スタイルがよいため、ジャケット姿も似合っていた。報道陣からの質問にも時折、笑みを見せながらよどみなく返答。中条氏のハマり役であるドラマ「新・必殺仕事人」の「三味線屋の勇次」の色っぽさも健在だ。

 中条氏の関係者によると「今でも週に何度かスポーツジムに通ってサウナでしっかり汗をかくようにしているようです。趣味のゴルフも相当な腕前で70台で回るようです。本人はエージシュート(自分の年齢以下の総打数でホールアウト)を本気で狙っているようです」と話す。さらに食生活も肉食。「とにかく肉をよく食べる。とんかつでもロースを好んで食べてますから」(同)  

 馬場氏も「健康寿命を延ばしていくいろいろな政策の推進に携わっていただきたい」と当選後に期待を寄せる。

 中条氏は「もし国民の皆さんが76歳になる中条きよしにほえさせてやろうとおっしゃるんだったら自信はあります」と力強く宣言。

 キャッチコピーには「国民の恨み晴らします」というフレーズも使われている。

関連タグ: