三浦瑠麗氏 日大前理事長の大学訪問に「影響力を取り除くというのは容易なことではないのかも」

2022年04月19日 10時29分

三浦瑠璃氏(東スポWeb)
三浦瑠璃氏(東スポWeb)

 国際政治学者で山猫総合研究所代表の三浦瑠麗氏が「めざまし8」(フジテレビ系)で19日、日本大学の前理事長が同大の同窓会組織を訪ねたことについて言及した。

 読売新聞によると、所得税法違反で有罪判決を受けた日大の田中英寿前理事長が13~15日の3日間にわたって、同大同窓会組織「校友会」事務局を訪ね、文部科学省が日大に対し「前理事長と関係が続いていると疑念を感じさせ、遺憾だ」と厳しく対応するよう求めた。田中氏は職員の制止を振り切って入り、校友会会長代行の日大理事らと面会。同理事らは「業務の引継ぎをした」と説明しているという。

 日大は昨年12月、田中氏の影響力排除を宣言し、田中氏は校友会会長職を解任され、同会から除名されていた。日大は15日、田中氏に対し、今後大学施設に立ち入った場合、警察に通報する可能性があるとの内容証明郵便を発送したという。

 MCの俳優・谷原章介が「会長職は辞職しているわけですけど、まだそういった関係はあるんですかね」と話を向けると、三浦氏は「これだけ長く独裁的な力を振るってきた人の影響力を取り除くというのは人間と人間の関係なのでそんなに容易なことではないのかもしれないですね」と感想を語った。

 谷原も「目的が何なのかハッキリはしてませんけど、3日連続行くというのは驚きですよね。1日ではなく、3日というのもポイントのような気がします」と疑念を抱いていた。

関連タグ: