NHK「電力逼迫」を災害級テロップで放送 ネットで「NHKだけ?」「危機感伝わる?」

2022年03月22日 10時19分

NHK
NHK

 NHKは22日午前8時15分から放送の「あさイチ」で、L字型画面で「電力需給逼迫」情報を伝えた。画面左側に縦で「警報」を、上部に横で電力の使用率や節電の呼びかけメッセージを流した。L字型画面は台風や地震、暑さなど災害やそれに相当する事態で見られる。

 電力需給逼迫警報は、東京電力管内を対象に経産省が21日発令。宮城と福島両県で震度6強を観測した地震による一部発電所の停止や、22日は関東地方で気温低下が見込まれることから、初の警報に至った。

 朝ドラ「カムカムエヴェリバディ」が終わり、画面は「あさイチ」の鈴木奈穂子アナウンサーがアップに。直後、縦横にテロップが出た。上部には「東京電力管内 きょう電力需給極めて厳しい状況」「東京電力管内 午前7時台の実績で86%」などと情報が次々と流れた。

 SNSでは「これは良いアイデア」「NHKだけ?」「これを見て危機感が伝わる?」といった受け止めが投稿された。NHKは選抜高校野球中継でもL字型を続けた。午前9時30分過ぎ時点で、NHK Eテレを含めて他のチャンネルはテロップを出していない。

関連タグ: