マヂカルラブリーが始球式 野田が上半身裸で筋肉美披露も村上がノーバン投球

2022年03月20日 17時26分

始球式を行うマヂカルラブリーの村上(右)と野田クリスタル
始球式を行うマヂカルラブリーの村上(右)と野田クリスタル

 Mー1王者の漫才コンビ・マヂカルラブリーが20日、バンテリンドームで行われた中日ーロッテのオープン戦で始球式を行った。

 4月からCBCテレビの情報番組「チャント!」に新加入することが決定し、その番組の宣伝を兼ねて登場。まずはグラブを持ったボケ担当の野田クリスタルがマウンド上でジャージーとTシャツを脱ぎ捨てて上半身裸になり、投げる気満々の姿勢をアピールした。

 ところが、いきなりツッコミ担当の村上にグラブを渡して腕組みをし「大役」の交代を要求する小ネタを披露すると、場内からは思わず笑いが沸き起こった。急きょ?! 投球を務めることになった愛知・新城市出身の村上が76キロのノーバウンド投球を見せると、本拠地の2万3695人の大観衆から大きな拍手が送られた。

 村上は「思ったよりも(ホームが)遠くて、届かないのが一番嫌だったので届かすことだけを意識しました」とホッと安堵した表情を浮かべれば、筋骨隆々の上半身だった野田は「ちょうど絞っていた時期だったので」と得意げも「ボールは僕は投げれませんので」と〝お約束〟だったことを明かした。

関連タグ: