朝ドラに登場!謎の「BUSHIDO COLA」に反響続々

2022年02月21日 13時26分

「カムカム」主演の川栄李奈(東スポWeb)
「カムカム」主演の川栄李奈(東スポWeb)

 21日放送されたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で、ヒロイン・ひなたのアルバイト先にある「BUSHIDO COLA」の自販機が視聴者の好奇心をくすぐっている。

 高校生のひなた(川栄李奈)は、大好きな時代劇の撮影が行われている京都の条映太秦映画村でアルバイトとして働いている。俳優らの休憩場所のようなスペースに鎮座する、大手コーラ飲料を連想させる赤い色の自販機は上部に「BUSHIDO COLA」との白文字が。

 自販機はこれまでもたびたび画面に映り込んで話題になっていた。文字の部分は白く発光している感じで読みにくいが、一見「D」にも見える英字が「B」であることも既に判明。21日は大き目に映るカットもあり、ツイッターでは「撮影所限定ブランド?」「武士道コーラ」などと面白がる声が発せられた。

 自販機の前にひなたが立つシーンでは、並んでいる飲料のパッケージもぼんやりと分かる。これまた某コーラや清涼飲料水、スポーツ系ドリンクを思わせる赤や青、黄緑の色使い。ネット上ではパッケージの解析まで行われている。

「カムカム」に限らず、朝ドラが小道具に凝っているのは有名。今作は時代劇が重要な役割を果たしており、その精神を隅々にまで行き渡らせるような「武士道コーラ」の配置。視聴者のツイートには「イチイチ細かいなあ」と感心するコメントもあった。

関連タグ: