マツコ・デラックス「5時に夢中!」出演はレスラー・高山善廣の〝代役〟だった!

2022年02月18日 22時49分

大ブレークしたマツコ・デラックス(東スポWeb)
大ブレークしたマツコ・デラックス(東スポWeb)

 マツコ・デラックスが18日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)に出演。テレビタレントとしてブレークのきっかけとなったTOKYO MX「5時に夢中!」の〝出演秘話〟を語った。

 人生の分岐点の話題となり、マツコは「5時に夢中!だ。あんな身内みたいなところでさ、誰も見てないテレビ局の誰も見てない番組で、町内会のテレビ出てるみたいな感覚だったわけよ、最初。まさかこんなことにつながっちゃうなんて」と語りだした。

 マツコによると、出演オファーがあったのは東北新幹線の車中。ミッツマングローブからの電話に出たところ、同局のプロデューサーが電話口で出演を打診してきたという。

 マツコは「プロレスラーの高山(善廣)さんがレギュラーだったのよ。高山さんがプロレスラー引退されたてたんだけど、もう1回復帰するから、テレビ活動を辞めるってなって『代わりにやってくれないか?』って言われて」と当時を振り返り「まあ『誰も見てないし』」と受諾したそう。

 これに有吉弘行も「MXって家でつくの?って感じだった」と当時を回想。マツコも「地デジになってなかったから、UHFって当時みんな見れなかったじゃん。ほんとにこっそりやってる感じで。『ああ、そういうのやめとくわ』って言ってたら、こうなってない」と打ち明けていた。

関連タグ: