爆笑・太田光が荒ぶる! 高梨沙羅の失格経緯に「イチャモンとしか言いようがない」

2022年02月09日 10時45分

爆笑・太田(東スポWeb)
爆笑・太田(東スポWeb)

 お笑いコンビ「爆笑問題」(太田光=56、田中裕二=57)が9日未明放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で、開催中の北京五輪で起きている羽生結弦(27)、高梨沙羅(25)の〝悪夢〟を振り返った。

 北京五輪スキージャンプ混合団体でスーツの両太もも周りが規定より2センチ大きかったスーツ規定違反によって失格となった〝高梨ショック〟の余波は広がるばかり。

 爆笑太田は田中を「(小さくて失格なら)お前だったら普段からさ、常に失格だよな! お前はさ、服の方が絶対にデカいじゃん。お前なんで失格にならないの?」といじる。

 田中は「関係ないでしょ!」とあきれるばかりだが、「あんなに規定って厳密なの?」と疑問も。これには太田も「あんなのイチャモンとしか言いようがないよ! あれはきついよな」とバッサリだ。
 
 さらには羽生のジャンプ失敗にも言及。

 太田は「(氷に)溝があったんでしょ? あんなことがあるんだね? さっき(女子フィギュアスケートの)荒川静香さんが言ってたけど『あんなの経験したことの無い人の方が多いです』って。まさか、これがそれが起きるなんて」と驚くも「でもそのあとの演技は素晴らしかったじゃない」とミスに負けない羽生を賞賛。

 最近、太田も漫才を失敗して落ち込んでいたが「もちろん、俺とは比べものにはならないんだけどさ。ああいうことを見て勇気づけられる人がいるってことは教えたいね。漫才師なんてネタを1回失敗したなんて対したことないんだけどさ、切り替えなきゃな」と語り、勇気をもらった様子だった。

関連タグ: