英調査会社「最も人気のある英王族アンケート」メーガン妃はブービー、キャサリン妃は3位

2022年01月27日 14時54分

ブービーだったメーガン妃(ロイター)
ブービーだったメーガン妃(ロイター)

 英国の調査会社による最新の「最も人気のある英王族」アンケートで、エリザベス女王が不動の1位を堅守した。一方、王室との亀裂を深めたヘンリー王子は9位、妻のメーガン妃はアンケート調査の対象となった王族15人中“ブービー賞”の14位だった。

 英紙デーリー・エクスプレスによると、同アンケートはインターネット市場調査・データ分析会社「ユーガブ」が定期的に行っているもの。回答者は調査対象の各王族に対し、好感度の有無の2択で答えるシステムとなっている。その結果、2021年第四半期の結果は、女王が76%の支持を得てトップ。2位はウィリアム王子で支持は66%だった。

 続いて3位にはウィリアム王子の妻・キャサリン妃の65%で、昨年亡くなったフィリップ王配が60%で4位。5位には女王の長女・アン王女が56%の支持を集め、6位は同王女の長女・ザラ・ティンダルさんで47%だった。

 チャールズ皇太子は7位で45%。妻・カミラ夫人は34%でヘンリー王子(39%)より順位が低い11位だった。

 今回のアンケート調査で最下位だったのは未成年買春疑惑で謹慎中のアンドルー王子で12%。メーガン妃の26%を下回った。

関連タグ: