宮迫博之 牛宮城の家賃280万円…財産激減も「今回失敗することは絶対にないです!」

2022年01月15日 20時39分

宮迫博之(東スポWeb)
宮迫博之(東スポWeb)

 お笑い芸人・宮迫博之(51)が15日、自身の公式ユーチューブチャンネルで配信された番組「winwinwiiin」のパート2で、プロデュースする焼肉店「牛宮城」のトラブルについて語った。

 焼肉店をめぐっては、ヒカルとのパートナー解消、3月オープンへ向けての再始動など、さまざまなトラブルを抱えている。当初、店は昨年の10月にオープンの予定だったが、延期になった。

 店の家賃約280万円を負担している宮迫は「大丈夫じゃねえ! 一応、お笑いのMCとかやらせてもらって蓄えはある程度あったけど、マジでない」と苦渋の表情をみせた。また、オープンまでには設備などをだいぶ変えないといけないということで、さらに内装費で約2000~3000万円がかかることも明かした。

 トラブルについて、宮迫は「もともと一緒にやるっていう人が、いわゆる黒幕って言われていて。そいつは俺にとって親友やし、恩人やから。飲食もやって成功しているから『できるか?』と聞いたら『大丈夫です』と言って…」と経緯について説明。

 3月オープンへ向けては「俺が任すってスタンスやったから、そうなった訳やし。今回はがっつり携わっているから。すごく勉強したし、あかんところだらけの自分が見えてきたから。いろんな人のアイデアで、今回失敗することは絶対にないです!」と力強く宣言した。

関連タグ:

ピックアップ