爆笑・太田 〝裏口入学〟裁判で勝訴確定 新潮社上告せず「これで、ノーサイド」

2022年01月13日 20時19分

太田光(東スポWeb)
太田光(東スポWeb)

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(56)と新潮社の間で行われていた、いわゆる「太田光日大芸術学部裏口入学報道裁判」で上告の意向だった新潮社が上告しなかったことが13日、分かった。

 2021年12月24日に開かれた控訴審では、東京地裁は双方の控訴を棄却し、新潮社側に440万円の支払いを命じた一審判決を支持。今回、上告しなかったことにより、判決が確定した。

 これを受け、太田の所属事務所「タイタン」は書面でコメントを発表。

「新潮社に対し、名誉棄損に基づく損害賠償請求と当該記事の削除等を求めておりましたが、本月7日に上訴期限が経過し、一審判決の内容である、新潮社に対して440万円(別途損害遅延金)の支払を命ずる旨の判決が確定致しました」と報告。

 また、控訴審直後に新潮社が上告の意向を報道関係者に示していたことにも触れ「上告はされませんでしたので、その点は御注意頂けますよう、宜しくお願い申し上げます」とした。

 太田もコメントを発表。「第二審の判決通り納得してもらえたということで、ホッとしています。私としてはこれで、ノーサイドと受け止めます。裏口ネタは今後も続けさせていただきます」としている。

関連タグ: