ほんこん ダウンタウン抜きの年越し番組「チャンネル変えた」「比べたらかわいそう」

2022年01月13日 17時59分

ほんこん(東スポWeb)
ほんこん(東スポWeb)

 タレントのほんこんが、昨年大みそかに放送された日本テレビ系「笑って年越したい!笑う大晦日」について語った。

 これまで日テレの年越しは、ほんこんもよく知るダウンタウンらが出演した「絶対に笑ってはいけない」シリーズが放送されてきた。それが昨年は一旦〝お休み〟して、「笑う大晦日」が放送された。

 視聴率は第1部(午後6時半から150分)が7・2%、第2部が5・6%で大惨敗。「笑ってはいけない」シリーズと比較する声も多く上がった。

 11日に公開したユーチューブ動画でほんこんは「最初『笑ってはいけない』かと思って。でも、よく見たら『ゲスト、薄っ』ってなって(違うと)気付いた」。そして「チャンネル変えました」と語った。

 ほんこんは「笑ってはいけない」の凄さについて「ようできてんねんて。テーマがあって、それをクリアしていって。誰が出てくるって楽しみだし。(見ていて)これ浜田さん好きやねんやろな~とか」と笑顔で分析。

 続けて「大みそかは紅白があって、最初はそこそこ数字取れたらええんちゃうかって感じやったと思う。それが、だんだんクチコミで広がって『出れば売れる』みたいに、ミソギみたいな番組になってったやん。煩悩を洗うという意味ではよくできた番組。それと『笑う大晦日』を比べて数字が~と言うとるのはちゃうなとは思う。比べたらかわいそうやん」と述べた。

 テレビを取り巻く環境についても言及。「テレビ全体の視聴率も下がってるよな。野球で(数字)取れへんやん。巨人戦で20%取ってた時はテレビが元気だったころ。それが外からコンプライアンスだとか言われるようになって、どれも同じような番組になって。そういう意味では日テレも頑張ってると思いますよ。いま『ごっつええ感じ』やってたら批判めちゃ来んねんやろな」と語った。

関連タグ: