シバター告白 堀口恭司に試合前相談も「〝例の作戦〟については何も話しておりません」

2022年01月09日 11時41分

シバター(東スポWeb)
シバター(東スポWeb)

 人気ユーチューバーのシバター(36)が昨年末の大みそかの総合格闘技イベント「RIZIN.33」での久保優太戦前に友人である格闘家・堀口恭司(31)に相談していたことを明かした。

 シバターは9日にタイトル「試合前、堀口さんに相談してました」で動画を配信。「このことを話すか悩んでいた。一生、墓場まで持っていくべきなんじゃないかって」と神妙な表情で切り出す。

 久保戦が決まり、シバターは堀口に相談。その際のラインのやり取りも公開した。久保とのラインのやり取りはショッキングだったが、堀口からは「シバターさんなら大丈夫ですよ! 頑張ってください!」「大丈夫ですよ!」と笑顔付き。勝利後は「おめでとうございます!」と祝福を受けただけ。スキャンダル性は皆無だった。

「堀口さんのおかげで勝てました。ありがとうございました。もちろん〝例の作戦〟については何も話しておりません」とシバター。

 その後は「シバターが格闘技の品格を下げた」と批判されていることに言及。「いろんな人が広告付きで動画を上げている。僕がめちゃくちゃ金を落としているんですよ。これは格闘業界を潤していると言えるでしょう!」とかます。

 さらにネット上で「ほかの試合も申し合わせがあるのか?」との声には、「現代格闘技ではないでしょ! あんなことするのシバター以外いないって! 見てて分かるでしょ!」。

 最後は「今回の件で責任を取らないといけない人がいるとすれば、皇治さん。逃げなければよかった」とお決まりの皇治に毒ガスで締めた。

関連タグ: