ティックトッカー長者番付 20歳&17歳の米ダミリオ姉妹が年収32億円

2022年01月08日 12時19分

チャーリー・ダミリオ(ロイター)
チャーリー・ダミリオ(ロイター)

 米経済誌「フォーブス」は7日、モバイル端末向け動画アプリ「ティックトック」で2億人近いフォロワーを持つ米コネチカット州出身のダミリオ姉妹が2021年、2人合わせてティックトッカーとして最高額となる2750万ドル(約31億7700万円)を稼ぎ出したと報じた。

「ティックトッカー長者番付」1位に輝いた妹チャーリー・ダミリオ(17)の年収は1750万ドル(約20億2200万円)だった。2位は姉ディキシー・ダミリオ(20)の1000万ドル(約11億5500万円)が続き、若い姉妹が頂点に立った。

 チャーリーが同動画サイトに投稿を始めたのは19年5月。今やティックトック最高となる1億3300万人のフォロワーを持つ。一方、ディキシーのフォロワーは5700万人で、こちらは9位。

 ティックトックスターとして脚光を浴びる2人は、カーダシアン姉妹と比較されることが多く、同時に各業界からの注目度も高まっている。実際、動画配信サービス「Hulu」は姉妹の冠番組「ザ・ダミリオ・ショー」を昨年9月にスタート。また、別の動画配信サービス「スナップ」でも同11月から姉妹の番組が始まった。

 一方、歌手デビューしたディキシーは先月、エド・シーランやジョナス・ブラザーズらと共にクリスマスコンサートツアー「ジングル・ボール」に参加し、全米各地を巡った。ディキシーはユーチューブでもトーク番組の司会を務めている。

 さらに、姉妹は昨年、若者に人気の米カジュアルファッションブランド「ホリスター」と共同で独自ブランド「ソーシャル・ツーリスト」を発足。マウスピース矯正のインビザライン、化粧品のモーフィーやダンキンドーナツに続き、ソーシャル・ツーリストも姉妹の大手広告スポンサーとなった。

 フォーブス誌によると、トップクラスのティックトッカーは1回の投稿による収入は最高50万ドル(約5780万円)にも上り、平均でも10万~25万ドル(約1155万~2888万円)。これらの数字は2020年の相場の2倍以上になったとしている。

関連タグ: