米グラミー賞授賞式が延期 オミクロン株の急拡大で「あまりに多くのリスク」

2022年01月06日 14時04分

延期が決まった(ロイター)
延期が決まった(ロイター)

 米音楽界で最高の栄誉とされる「第64回グラミー賞授賞式」の延期を、主催団体レコーディング・アカデミーが5日(日本時間6日)に発表した。米CNNなど複数の海外メディアが報じた。授賞式は31日(日本時間2月1日)に米ロサンゼルスのクリプト・ドットコム・アリーナ(旧ステイプルズ・センター)で行われる予定だった。

 新型コロナウイルスのオミクロン株の急激な感染拡大を受けての延期決定で、レコーディング・アカデミーは米CBSとの共同声明で「オミクロン株についての不確実性を考慮すると、1月31日に開催することは、あまりにも多くのリスクを伴うだけです。我々は音楽最大の夜を近い将来、祝えることを楽しみにしています」と説明している。新たな授賞式の日程は後日発表される。延期は2年連続となり、4月ごろまでずれ込む可能性もあるという。

関連タグ: