元グラドル・小阪由佳さん 元俳優との結婚を報告「35歳過ぎてからの出会いも最高に素敵だよ」

2022年01月06日 13時19分

小阪由佳さん(東スポWeb)
小阪由佳さん(東スポWeb)

 元グラビアアイドルで実業家の小阪由佳さん(36)が6日、自身のツイッターを更新。特撮テレビドラマ「仮面ライダー響鬼」(安達明日夢役)やミュージカル「刀剣乱舞」(沖田総司役)で活躍した元俳優の栩原楽人さん(32)との結婚を報告した。

 小阪は「FRIDAYさんに取材していただいた記事が今日でているので、少し早いですが結婚のご挨拶をさせていただきます。元俳優であり現在はビルメンテナンス会社で働く栩原楽人くんと結婚することになりました。みなさんいつも本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願いします」とつづった。

 添付した「いつも支えてくれている皆様へ」という文書では「本日、この場をお借りして、かねてよりお付き合いさせて頂いている栩原楽人さんと結婚することを報告させていただきます」と報告。栩原さんとの馴れ初めについて「彼とは芸能時代に共演していましたが、10年以上会うこともなく、お互い全く別の道を歩んでおりました。しかし、一昨年の秋に再会し、彼の誠実な人柄と深い愛情に心をうたれ結婚する事を決めた所存でございます」と明かした。

 さらに、「私事ではありますが、少しだけ胸の内をお話します。私は今年36歳の年なのですが、33歳の頃、まわりから『なぜ結婚はしないの?理想が高いの?』『35歳までに結婚した方がいいんじゃない?』と、必要以上に、結婚を迫られる時期がありました。あまりにも言われるので、いっときは本気で考えたこともありましたが、漠然と、今じゃない気がすると感じており、まわりの声が苦しかった時期があります」と吐露。

「一時は、35歳が近づくにつれ、結婚や人生というものに対しての不安が重圧になっていましたが、現実は、35歳を過ぎてからのほうが恋愛も仕事も最高に楽しく、充実し、幸せで満ち溢れています。私の結婚報告は本当にささやかな報告ではありますが、もし私のように、30代の結婚に悩んでる方がいたら、35歳過ぎてからの出会いも最高に素敵だよと伝えたいと思い、私情を踏まえてお話をさせていただきました」と記した。

 栩原さんと周囲に「人を信頼するのに少し時間がかかる私に、深い愛と安らぎを与えてくれた栩原楽人さんに愛を込めて。そして、私たちの結婚を喜んでくれた皆様に感謝を込めて」と伝え「これからは、夫を支えながら、夫婦共に成長していきたいと思っております。温かく見守っていただけると幸いです。今後ともよろしくお願い致します」と締めた。

関連タグ:
 

ピックアップ