橋下徹氏 オミクロン対策訴え「政治家と日本医師会がしっかり話し合って」

2022年01月05日 16時51分

橋下徹氏(東スポWeb)
橋下徹氏(東スポWeb)

 オミクロン株の感染拡大を5日放送の読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」が特集した。

 元厚生労働省医療技官で医師の木村盛世氏は「オミクロン株は感染力は高いが、重症化リスクが低く、おそらく通常のカゼに近づいていく」という見解を示した上で「医療ひっ迫が起きないよう重症者がすみやかに医療機関で診てもらえるような体制を作っておくことが重要。そのために現在の2類相当からインフルエンザ並みの5類にするべき。ワクチン接種が進み、治療薬も出てきた中で2類相当にしていたら、世界のどこへ行っても医療ひっ迫する」と新型コロナのダウングレードを提言した。

 この意見に元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏は「無症状者も軽症者も全員保健所を通して入院・隔離とか言っているから医療ひっ迫する。そのあたりの基準をはっきりすべき」と指摘。

 さらに「感染者が増えると支持率が下がる。しかし、感染者の数ではなく重症者を救うことが重要なので政治家と日本医師会がしっかり話し合って医療体制を整えてほしい」と訴えた。

 当初、オミクロン株の感染者は全員入院・個室隔離としていたが、4日、岸田文雄総理はその方針を見直し「自治体の判断で症状に応じて宿泊・自宅療養を活用する」と方針を見直している。

関連タグ: