「ビスケットブラザーズ」原田 同期・粗品の結婚に発奮?「英語での女性の口説き方教わってる」

2022年01月04日 16時04分

ビスケットブラザーズの原田泰雅(東スポWeb)
ビスケットブラザーズの原田泰雅(東スポWeb)

 お笑いコンビ「ビスケットブラザーズ」原田泰雅(29)が4日、大阪市の朝日生命ホールで行われた「R―1グランプリ2022」1回戦に登場した。

 シュールな裸芸という〝らしさ〟あふれるネタを披露した原田は「楽しかったです。型は崩さずいつも通りやれたので」と1回戦特有の緊張感も皆無。これまでR―1では準々決勝で跳ね返されているが、ラストイヤーとなるR―1には特別な思いがあるという。

「同期の『霜降り明星』の粗品が、R―1もM―1(グランプリ)も取ってて、キングオブコントにも参戦してトリプル優勝を狙ってる。ラストイヤーのR―1を取っておかないと、同期やのに霜降りに勝てなくなる」

 その粗品は昨年末に一般女性との結婚を発表した。

 粗品夫妻と食事に行ったこともあるという原田は「急に結婚と連絡きて、『え?結婚すんの?』って感じでした。今日(出番前に)会って、『おめでとう』と言うことと、体触ってチャンピオンパワーもらってきました」と明かした。

 自身の結婚については「飲み屋でちょっとスケベそうな外国人女性に知り合ったんです。その人とは何もないんですけど、英語での女性の口説き方教わってます。今はド下ネタだけですけど、今年はもしかしたらワールドワイドに女性を股にかけるかも」とにやけた。

 コンビでは20年に「第9回ytv漫才新人賞」、21年に「第51回NHK上方漫才コンテスト」を優勝と勢いに乗っているが、今年の目標については「キングオブコントに優勝したい。あと、14日に東京・ルミネtheよしもと、22日に大阪・よしもと漫才劇場で初の東阪単独ライブをやるんですけど、それも成功させたいですね」と意気込んだ。

関連タグ: