久保優太はシバターからの台本打診を録音 青汁王子の直撃に新事実公表

2022年01月03日 14時50分

青汁王子(左)に新事実を明かした久保優太(東スポWeb)
青汁王子(左)に新事実を明かした久保優太(東スポWeb)

〝青汁王子〟こと起業家の三崎優太氏が2日、自身の公式ユーチューブチャンネルでライブ配信を実施。大みそかの「RIZIN.33」、元K―1王者の久保優太とユーチューバーのシバターとの試合で、八百長疑惑が出ている件について、久保氏に生電話。新事実が次々と明らかになった。

 三崎氏から生電話に久保は「ツイッターの件ですか」と最初は言葉少なだったが、親交が深いとあって、徐々に口を開き始めた。

 シバターから「台本」の話が出たのは試合1週間前のクリスマスで、久保は「1Rはまず顔を殴らないでくれと。蹴りはミドルとかローとか、いくらでも受けると。ネタだと思ったが、(シバターは)『それは違う』と。『(台本を)のんでもらえなかったら、契約もまだしていないので、(カードは)発表されているが辞退します』と言われた」と話した。

 久保は当初、別のカードが組まれていたものの流れていたという。久保は「応援している方とか、チケットとか、僕も試合が流れるのは困る。違うカードが流れてシバターになった。言い訳になるが、試合を成立させることを優先させるために分かりましたと。シバターさんの意向に沿うので、試合やってくださいと」と台本を受け入れたという。

「2R目は本当のガチで行かせて頂けば良いのですよね!?」と流出した久保とシバターとのラインのスクリーンショットについても、シバターは「全く身に覚えがない。あれ捏造なんじゃないですか」と否定していたが、久保は「本物ですね」と認めた。またシバターから提案された台本についてのやりとりも録音してあるという。

 三崎氏は「シバターに心理戦に持ち込まれたということですね。シバターさんのずるさもあったけど、作戦だよねといわれたら、それもあるが、久保さんは優しすぎる。速攻ボコボコにしちゃえばよかった」と指摘。久保は「対戦相手と連絡とらないですよね。最初、(台本を)信じていなかったし、(シバターの)ユーチューブのやらせも聞いていたので、ダメだと思ったが、自分の中で勉強になった」と反省しきりだった。

 久保はシバターとのやりとりの詳細と謝罪の動画を投稿する予定だという。

関連タグ: