NHK紅白の視聴率発表 2部制になった1989年以降最低の数字に

2022年01月02日 15時39分

紅白歌合戦を放送したNHK(東スポWeb)
紅白歌合戦を放送したNHK(東スポWeb)

 昨年大みそかに放送された「第72回NHK紅白歌合戦」の番組平均世帯視聴率(関東地区)が2日、ビデオリサーチから発表され、1部(午後7時30分から午後8時55分)は31・5%(個人視聴率23・4%)、2部は34・3%(同24・8%)と2部制になった1989年以降、最低の数字となった。

 なお、同時間帯の民放ではテレビ朝日系「ザワつく!大晦日一茂良純ちさ子の会」が前半12・1%(同7・7%)、後半9・3%(同5・4%)でトップ。日本テレビ系「笑って年越したい!笑う大晦日」は前半7・2%(同5・1%)後半5・6%(同3・5%)だった。大みそか特番として10年近くトップに君臨した「ガキの使い!」の後継として注目された「笑う大晦日」は10ポイント近く下落。民放トップの座もテレビ朝日に譲り渡した。(数字はいずれも関東地区)

関連タグ: