木村拓哉 さんまと共演の地上波で「脇汗びっしゃびしゃ」そのシーンとは?

2022年01月01日 18時05分

明石家さんまも驚いた?(東スポWeb)
明石家さんまも驚いた?(東スポWeb)

 明石家さんまと木村拓哉が1日放送のフジテレビ系特番「さんタク」に出演。木村の負けん気の強さが露呈する一幕があった。

 2人はボウリングで同時に投げて「同時にストライクが取れるか?」というゲーム企画に挑戦。4投目にさんまは最初のストライクを出したが、木村は惜しくも9ピンでこの時点での達成はならなかった。

 結局2人同時ストライクが達成されたのは13投目。さんまは木村を見ながら「コイツ前も(同番組で)釣りをやったときに俺が先に太刀魚釣ったんですよ。コイツその間に『先におじきが釣ったんで』『俺どうしようかな…』って家に電話してたんですよ。太刀魚釣っただけでコイツ悔しがるねんで。俺が先にストライク出したんで、コイツの悔しさはすごかったと思う」と推測した。

 これに木村は「誰にも分らないように脇汗びっしゃびしゃ」とカミングアウト。爆笑するさんまを横目に「『(さんまさん)何やってんすか~』を俺も予定してたんですけど、先にとられちゃったんで…」と頭をかいた。

関連タグ: