鈴木保奈美と離婚の石橋貴明 球界OBのユーチューバー“バブル”に便乗し存在感

2022年01月02日 05時15分

球場でその姿を見ることも多い(東スポWeb)
球場でその姿を見ることも多い(東スポWeb)

 お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(60)は第二の人生を「野球系タレント」として、存在感を強めている。

 石橋は2021年7月26日にユーチューブチャンネル「貴ちゃんねるず」で、妻で女優の鈴木保奈美(55)との離婚を発表。わずか50秒ほどの動画で、本人たちは姿を見せずに文字だけでコメントを発表。

「私事で恐縮ですが私共石橋貴明と鈴木保奈美は離婚した事をご報告致します」と発し「子育てが一段落した事を機に今後は事務所社長と所属俳優として新たなパートナーシップを築いて参ります。これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します」と発展的解消であることを説明。最後は2人のツーショット写真と共に「これからも私達は頑張っていきます 石橋貴明 鈴木保奈美」と署名を入れたメッセージ届けた。

 あれから5か月…。女優として歩み始めた鈴木は順調だ。最近ではネットフリックスの配信映画「浅草キッド」に出演。今年はパルコ劇場で舞台「セールスマンの死」に出演する。

「ほかにもドラマのオファーが次から次へと飛び込んできているようです。マネジャーや専属メイクなど“チーム保奈美”も盤石で、保奈美さんはノーストレスで仕事に打ち込めているようです」(芸能関係者)

 一方、石橋はユーチューブ「貴ちゃんねる」を中心に活躍中。カンニング竹山を強制的にパーマヘアーにするなどの“暴君キャラ”の印象が強いが、最近は造詣が深いプロ野球に関する動画も好評を博している。

 というのも、いまやプロ野球OBの多くがユーチューバーとしてデビューするバブル状態となっており「貴明さんはちょうどその世代にハマっているんですよ。ネームバリューも抜群なので、重宝されている」(別の芸能関係者)という。

 石橋の野球好きは筋金入りで、プライベートでわざわざ渡米しヤンキースタジアムでお忍び観戦する姿も目撃されている。「マニアックな知識も持っているし、OB連と話が合う」とはこの関係者。

 スポンサー探しも上手で、いまでは日曜日の朝7時から冠ラジオ番組「日本生命 presents 石橋貴明のGATE7」(TBSラジオ)のレギュラーも持っている。

 それぞれが充実した生活を送っているようだ。

関連タグ: