マヂカルラブリー 昨年のM―1優勝は「公式で反則と認められた」今年番組がとった対策とは

2021年12月24日 19時15分

野田クリスタル(左)と村上(東スポWeb)
野田クリスタル(左)と村上(東スポWeb)

 お笑いコンビ「マヂカルラブリー」(野田クリスタル、村上)が23日深夜、ニッポン放送「マヂカルラブリーのオールナイトニッポン ZERO」に出演。「錦鯉」の優勝で終わった「M―1グランプリ」について語った。

 野田は「自分なりに思ったことがある」と切り出すと、「登場で回転式になってたじゃないですか。グルーン!って。あれがなぜグルーン!となったか?と言いますと、ランジャタイからの情報で去年、野田クリスタルが土下座から始まったので、それ対策らしいんですよ」と舞台裏を明かした。

 マヂラブが優勝した昨年大会では、せり上がりでの登場。〝因縁〟の上沼恵美子に対して「土下座」でネタに入り笑いを誘った。

 野田は「あそこでボケさせない。もっとすごいことをしてくる可能性があるから、それ対策をしたらしいんですよ」と証言。続けて「要するに子供の危険な遊具があって、それが撤去されたようなもん。ネタ以外の部分でボケられたら、そこはどんどん改善されていくんですよ」と予想した。

 これに村上は「じゃあ、公式で反則と認められたということですか?」と苦笑。野田は「反則です、あれは。つまり、ネタ以外の部分でボケた場合はルール違反。今回は止めれなかったけど、来年以降は禁止にしますということがある」と認めていた。

関連タグ: