熊田曜子の所属事務所が誹謗中傷コメントに警告「法的措置を講じ、厳正に対応していく」

2021年12月23日 13時43分

熊田曜子の事務所が警告を出した(東スポWeb)
熊田曜子の事務所が警告を出した(東スポWeb)

 タレントの熊田曜子(39)の所属事務所が、熊田に対する誹謗中傷に対して法的措置を講じると警告した。

 熊田を殴ったとして暴行罪に問われた会社経営の夫(38)の判決公判が23日、東京地裁(深野英一裁判長)で開かれ、夫に対して罰金20万円の有罪判決(求刑は罰金20万円)を言い渡した。

 所属事務所は裁判の結果について「コメントする立場にございません」とした。続けて夫が熊田の不貞疑惑の証拠として訴えているDNA鑑定書について言及。「報道されているDNA鑑定書は捏造されたものであり、刑事裁判でも証拠として却下されています。また、民事訴訟においては提出されていません」と否定した。

 事実無根にもかかわらず「あたかも事実かのような報道やインターネット・SNS上の記事・コメント等が氾濫しており、熊田及びご親族の生活にも深刻な影響を及ぼしているとともに、弊社の業務にも著しい支障が生じております。今後、このような悪質な報道や投稿に対しては、顧問弁護士と協議の上、発信者情報開示請求や損害賠償請求訴訟の提起を含む法的措置を講じ、必要に応じて警察の協力も得ながら厳正に対応していく所存です」としている。

関連タグ: