「M―1」の次は「N―1」 賞金1000万円&立候補資格でホリエモンが芸人に参加呼びかけ

2021年12月20日 18時40分

堀江貴文氏(東スポWeb)
堀江貴文氏(東スポWeb)

 漫才日本一決定戦「M―1グランプリ」に参加した芸人の参戦もある!? 立花孝志党首(54)率いる「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」(NHK党)は今月27日から「N―1グランプリ2022」と銘打ったオーディションを開催する。ホリエモンこと堀江貴文氏(49)は「M―1より楽」と芸人の参加を呼びかけた。

「来年7月の時点で30歳を超えていればいい。政治に足を踏み入れたことがない人でもOKです。過去に市議をしていてもOK。他薦もOK。気軽に参加していただきたい」と話したのは立花氏だ。

「N―1」の「N」はNHK党の頭文字で、「Mー1グランプリ」に乗っかっているのは明白だが、もともと堀江氏が来夏の参院選候補者を「オーディション形式で行えば」と提案したのがきっかけで、実現の運びとなった。

 M―1に引っ掛け、優勝賞金も1000万円と同じにした。ただ、こちらはあくまで「選挙で活動用の政治資金」。グランプリは参院選比例代表で同党の候補者となり、600万円の供託金負担もなしで、立候補できる資格を得られる。

 20日に堀江政経塾で講師を務めた堀江氏は前日、錦鯉の優勝で終わったM―1の盛況を受け、「M―1で負けた人もいいんじゃないかな。そこそこ行った人は口もうまいし、ポテンシャルは高い。M―1を目指すより、Nー1の方が楽勝」と話す。

 立花氏は「N―1の参加者は多くても200人くらいじゃないか」と予想する。今年のM―1参加者は過去最多の6017組で、N―1もオーディションを勝ち抜かなければならないとはいえ、参加者数でのハードルが低いのは間違いない。またM―1は結成から15年以内の出場条件があり、もう出番を失った芸人にもN―1なら門戸が開かれている。

 選考方法は1次、2次は書類と動画審査で、敗者復活を経て、来年3月に10人程度に絞って、堀江氏が審査委員長を務める最終選考(決勝戦)となる。グランプリ以外にも上位入賞者には政治資金が支援される。詳細は24日にも発表される予定だ。

関連タグ: