錦鯉が松本人志ら5人投票でM―1優勝!50歳の長谷川「今年で決められて良かった」と涙

2021年12月19日 22時22分

松本仁志から優勝トロフィーを受け取る錦鯉の長谷川(C)M-1グランプリ事務局
松本仁志から優勝トロフィーを受け取る錦鯉の長谷川(C)M-1グランプリ事務局

 結成15年以内の漫才日本一を決める「M―1グランプリ2021」の決勝戦が19日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、錦鯉が優勝。賞金1000万円を獲得するとともに、史上最多のエントリー数6017組の頂点に立った。

 ファーストラウンドは1位が665点のオズワルド、2位は655点で錦鯉とインディアンスが並び、3組による最終決戦に進んだ。

 最終決戦は1番目にインディアンス、2番目に錦鯉、3番目にオズワルドの順でネタを披露。その結果、錦鯉にナイツ・塙宣之、サンドウィッチマン・富澤たけし、立川志らく、中川家・礼二、松本人志の5人、オズワルドにオール巨人、インディアンスに上沼恵美子が投票した。

 優勝した錦鯉は、50歳の長谷川雅紀と43歳の渡辺隆のコンビ。長谷川は「僕はラストイヤーが56歳だけど、今年で決められて良かった」と涙を流しながら話した。

関連タグ: