熊田曜子の夫に罰金20万の求刑 証言台で夫は「本当に裁判をやる意味があったのか…」

2021年12月16日 12時34分

熊田曜子(東スポWeb)
熊田曜子(東スポWeb)

 タレント・熊田曜子(39)を殴ったとして暴行罪に問われた会社経営の夫(38)の第4回公判が16日、東京地裁(深野英一裁判長)で開かれた。

 起訴内容について、被告の夫は否認し、無罪を主張してきた。

 この日は論告弁論などが行われ、検察は夫に対し、罰金20万円を求刑。

 検察官は「被害者は1歩間違えれば容姿を損なう可能性があった。身体的、精神的苦痛は大きい」とし、求刑については「動機に酌量の余地はない。浮気の疑念も、何がなんでも認めさせようとし、真摯に向き合っておらず、関係のない主張を繰り返し反省の情がない」と述べた。

 また裁判官から、最後に何か言いたいことについて問われると、証言台に立った被告は「まず家庭内のことで色々な方にご迷惑をかけ、申し訳ない」「僕は妻の不貞を明らかにしたかったのではなく、なぜ妻がウソをついたのかを客観的に評価してほしかった」「僕は刑事裁判は初めてで素人。失礼ながら、本当に裁判をやる意味があったのか…というのが率直な感想」と疑問を投げかけた。
 判決は今月23日に言い渡される。

関連タグ: