中村美律子が35周年記念コンサート 紅白復活あきらめず「あと35年やろうかな」

2021年11月30日 19時00分

35周年コンサートを行った中村美律子(東スポWeb)
35周年コンサートを行った中村美律子(東スポWeb)

 演歌歌手・中村美律子(71)が30日、都内で35周年記念のコンサートを行った。

 1986年8月25日に「恋の肥後つばき」でデビューした中村。この日のステージでは中村が“原点”と語る「河内音頭」で幕を開けた。

 デビュー曲のほか、ヒット曲「河内おとこ節」、35周年記念曲の「命の花道」、歌謡浪曲「無法松の恋」なども熱唱し、歌で35周年を振り返った。その中ではコロナ禍で仕事がなくなり、「家でゴロゴロしてたらアカンな」と決意して練習を始めたという三味線も披露し、ファンを沸かせた。

 デビューが37歳と遅咲きだった中村。35年の間には紅白歌合戦に15回出場している。「紅白目指して頑張りますと言ってはいたけど、大阪のおばちゃんが紅白に行けるとはホントに思っていなかった。無我夢中でしたね」と振り返った中村。いまは紅白に出場できていないが、それでも「ヒット曲を出すことが一番」と復活の道をあきらめてはいない。「35年ですけど、あと35年やろうかなと思っています」と目を輝かせた。

関連タグ: