泣き歌の貴公子・林部智史と共演の小椋佳「本当に老衰しています」と〝泣き〟

2021年11月30日 04時00分

大先輩の小椋佳(左)と共演した林部智史
大先輩の小椋佳(左)と共演した林部智史

〝泣き歌の貴公子〟こと歌手の林部智史(33)が29日、東京国際フォーラムでコンサートを開催。来年で歌手活動引退を表明している小椋佳(77)がゲストとして出演した。

 先月に始まった9都市10公演の全国ツアーもこの日がファイナル。デビュー曲「あいたい」や「ラピスラズリの涙」をしっとりと歌い上げた。

 アンコールには、1月に林部がリリースしたアルバム「まあだだよ」の全曲を書き下ろした小椋が登場。まずは一人で「少しは私に愛を下さい」を歌った後、2人揃って「歓送の歌」「愛燦燦」を披露した。

 デビュー5年の林部が、50年の小椋とステージでコラボするのは3回目。大先輩との共演に「いい意味でようやく慣れてきたという感じです。小椋さんは本番のスイッチの入り方がすごいなと。キラキラしているし、ギラギラしている」。

 小椋は「楽屋でずっと聞いてて、いい声出すなとうらやましかったですよ」と林部をべた褒め。来年には歌手活動引退ツアーを控えている。「本当に老衰していますから。体が持つかどうか」などと自虐的に語った。

 林部は「最後の姿は目に焼き付けていたい」と話した。

関連タグ: