2025大阪・関西万博アンバサダーのコブクロ 万博テーマソング制作が “事実上” 決定

2021年11月28日 19時40分

イベントに登場した松井大阪市長、コブクロ、吉村府知事ら(東スポWeb)
イベントに登場した松井大阪市長、コブクロ、吉村府知事ら(東スポWeb)

 音楽デュオ「コブクロ」(黒田俊介=44、小渕健太郎=44)が28日、大阪市の中之島公園で行われた「中之島ウィンターパーティ~Road to EXPO2025~」に出演した。

 2025大阪・関西万博への機運や期待感の向上につながるよう、大阪の魅力を発信するイベント。大阪・関西万博アンバサダーを務めるコブクロは「桜」「DOOR」「大阪SOUL」を熱唱。途中、小渕が緊張しすぎて、用意したブルースハープを吹き忘れるというハプニングもあったが、そこはご愛敬。寒空の中、集まった約4100人の観客を魅了した。

 そんな2人に、若宮健嗣万博相は「テーマソングをお願いしたい」と万博テーマソングの制作を要請。理事会での承認手続きが必要とはなるが、事実上の決定に、小渕は「今までやってきた音楽の経験や思いを込めて、誰もが歌えるような歌を明日から作り始めたい」と快諾した。

関連タグ:

ピックアップ