東野幸治 林原めぐみが語るエヴァ庵野監督「TV時代と劇場版時代の変化」に大コーフン!

2021年11月27日 19時40分

東野幸治(東スポWeb)
東野幸治(東スポWeb)

 お笑いタレント・東野幸治が26日深夜放送の朝日放送ラジオ「東野幸治のホンモノラジオ」に出演。先日行われたベストジーニスト賞授賞式の〝裏話〟を語った。

 東野は協議会選出部門で初受賞。同部門では歌手で「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイ役で知られる林原めぐみも選出されていた。

 林原と「お会いしてうれしかった」という東野は、大掛かりなイベントでなかなか時間がない中、意を決して話しかけたという。

 というのも「エヴァンゲリオンと(監督の)庵野(秀明)さんのこと」を聞きたかったから。東野は「いろいろあーだこーだ質問させていただいて。『あの当時どうだったんですか?』とかいう話を聞けたのが一番うれしくて」と振り返った。

 その中で「オンエアに乗せて一番いい」内容が「庵野さんって結婚されて、エヴァンゲリオンのテレビアニメシリーズと、今回の『序』『Q』『破』と、なんか変わりました?」というもの。林原からは「変わりました」と返答があったという。

 東野は「『何が一番変わったんですか?』って言うたら『あの…庵野さんね、靴履くようになりました』って(笑い)。え? 靴履いてなかったんや、テレビシリーズのとき!」と爆笑しながら明かしていた。

関連タグ: