ひろゆき氏が給付金の舞台裏を分析「政治家にとって国民にお金を配るのは目的ではなく手段」

2021年11月27日 14時17分

ひろゆき氏(東スポWeb)
ひろゆき氏(東スポWeb)

 2ちゃんねる開設者で実業家のひろゆき氏が27日、ツイッターを更新。政府の子育て世帯への給付金について言及した。

 この給付金については国民民主党代表の玉木雄一郎氏がツイッターで26日「中学生以下の子どもへの5万円給付の予算が7311億円。残りの半分の5万円分はクーポンで配られるが、その印刷費等に1200億円もかかることが判明」と投稿。これを受けて元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏が「印刷費に1200億円!これが事実ならほんと政府与党はいい加減にしろ!」と怒りの投稿するなど波紋を広げている。

 この問題についてひろゆき氏は「10万円相当給付をすると事務経費1200億円かかり、現金一括より900億円高くなるそうで、予告通りになりましたね」と自身が予想通りになったことを明かした。

 続けて「政治家にとって国民にお金を配るのは目的ではなく手段です。給付に託けて、お友達企業にお金を配り選挙の時に助けて貰うのが政治家の目的なんですよ。。と」と給付金の舞台裏を分析してみせた。

関連タグ: