ウィル・スミスがウィリアムズ姉妹に映画を見せた瞬間を「人生で最悪の2時間」と語る

2021年11月26日 18時08分

ウィル・スミス(東スポWeb)
ウィル・スミス(東スポWeb)

 映画「ドリームプラン」で女子テニスのセリーナとビーナスのウィリアムズ姉妹の父・リチャードさんを演じる俳優のウィル・スミスが、姉妹に初めて映画を見せた時を「人生で最悪の2時間だった」と語った。

 米「インサイダー」によると、26日に放送される「グラハム・ノートン・ショー」にスミスが出演し、映画製作上のエピソードが語られる。そのなかで、ウィリアムズ姉妹が映画のエグゼクティブ・プロデューサーを務め、製作を支援することに同意したが「名前を出すかどうかを決める前に映画を見たい」と希望。鑑賞する時間をスミスが回想。「人生最悪の2時間だったが、涙でぐちゃぐちゃになって、彼女たちは気に入ってくれた」と、ドキドキの緊張感の後、最高の安どが待っていたことを明かしている。

 実在する人物を演じる醍醐味とも言えそうだ。

関連タグ:
 

ピックアップ