「私、すごくサメが好き」 南沙良がポケモンカードゲームのCMキャラに就任

2021年11月26日 09時00分

ポケモンカードを手にする南沙良
ポケモンカードを手にする南沙良

 ドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)で注目を浴びた女優の南沙良(19)がゲームソフト「ポケットモンスター」シリーズの世界をテーマにしたトレーディングカードゲーム「ポケモンカードゲーム」のCMキャラに就任。12月1日より、テレビCMが公開される。

 南は、2017年映画「幼な子われらに生まれ」で女優デビュー。今年4月期のドラマ「ドラゴン桜」で脚光を浴び、来年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にも出演予定だ。

 そんな南が出演した今回のCMでは、子どもから大人まで多くの人たちが「ポケモンカード」を開けて楽しんでいる様子が描かれている。南がその様子を興味深く見て回り、さらに南自身もパックを開けてみるという内容だ。

 撮影の数日前に初めて「ポケモンカード」をプレイをしたという南。撮影の合間、共演した子どもたちから「ポケモンカード」を教わり、初めて見る様々なカードに興味津々。撮影の待ち時間には、マネジャーとも対戦を楽しみ、負けてしまって悔しがる姿も。和気あいあいとした撮影となった。

 ポケモンカードゲームを始めたばかりだったという南は好きなポケモンについて「『カムカメ』というポケモンなんですけど、好きというか、マネジャーさんに少し似ていて、なんか親近感を覚えました」という。実際、ポケモンカードゲームをやってみて「私自身、すごく頭を使うカードゲームが苦手というかすごく得意じゃなくて、トランプとかもいつも負けていたんですけど、だからポケモンカードゲームって難しいイメージがあって、でも説明を聞いてから、やり始めたら意外と難しくなくて、気づいたら夢中になっていました」。

 今回のCMはカードとの出会いがテーマとなっているが、最近の素敵な出会いについては「私、すごくサメが好きなんですけど、この間、水族館に行ったら、ホホジロザメの剥製があって、すごくテンションが上がりました。素敵な出会いだなと」感じたという。

関連タグ:
 

ピックアップ