かおり、みずき…韓国イケメンが美女との〝流出LINE〟を教材に韓国語講座

2021年11月24日 06時15分

驚きの韓国語講座を開くエレン
驚きの韓国語講座を開くエレン

 韓流アイドルがすっかり若者層に定着している昨今。日本の〝韓流の聖地〟である東京・新大久保では若者であふれるが、「新大久保アイドル」が前代未聞の韓国語講座を開講し、ファンを騒然とさせている。

 2018年のイケメンコンテスト「ミスター新大久保」で、WEBランキング1位を獲得したエレン(年齢非公表)。若者から年配の女性まで、幅広い世代から人気を誇るイケメンだが、10月に開いたファン向けの韓国語講座が「まさか!」の内容だった。

「過去に付き合っていた女性たちとのLINEのやり取りが〝教材〟に使われているんです」(ある女性ファン)

 今月28日にも池袋のライブバー・MAOで講座が開かれるそうだが、独自入手したLINE画像には「かおり」「かすみ」「みずき」「ゆう」らと生々しい会話が繰り広げられている。

 それにしても、なぜアイドルが危なっかしい韓国語講座を開くことになったのか。エレン本人を直撃すると、驚くべき答えが返ってきた。

「お付き合いしていた彼女とのやり取りを記念としてスマホにスクショして保存していたんですが、間違ってLINEで友人に送ってしまったんです。それが人づてに広まってしまって…。頭を抱えていたんですが、韓国語講座の先生をしている女性がそれを目にして『これを授業に使ったら面白い!』とオファーされ、トントン拍子にこの話が決まりました」(エレン)

 まさか〝LINEの流出画像〟がビジネスにつながるとは驚きだ。エレン自身も「思いもしませんでしたが…」と苦笑いを浮かべる。

 もっとも自身の恋愛を暴露するだけに、一部からは反発も。それでもエレンは「恋愛のやり取りなので、一番説得力とリアリティーがある。生徒さんには韓国語に興味を持ってもらえて、この講座が国際交流の第一歩になればうれしいです!」とどこまでも前向きだ。

 果たして、28日の講座ではどんな流出LINEが〝テキスト〟になるのか。

関連タグ:
 

ピックアップ