東ちづるの意識を変えたがん治療「いつかはない!今日できることはやろう」

2021年11月21日 13時55分

イベントに出席した(左から)東英子さん、東ちづる、DJ KOO、motsu(東スポWeb)
イベントに出席した(左から)東英子さん、東ちづる、DJ KOO、motsu(東スポWeb)

 タレントの東ちづる(61)が母・英子(82)さんと21日に、都内で行われた「がん早期検査啓蒙キャンペーン・イベント」に出席した。

 東は今年2月に初期の胃がん手術を受けた。昨夏、胃に違和感を感じたがコロナ禍のため受診控えをしたため症状が悪化。病院に駆け込むと、そのまま入院になったという。出血性胃潰瘍の治療を受け退院時に「お医者さんが『99%大丈夫ですよ。良性でしたよ』って言われて自宅に戻ったんですが、その2日後に病院から連絡があって。後の1%だったのか、悪性だったのか」と当時を振り返った。

 早期発見ということもあり内視鏡で手術を受けた東は「本当にラッキーでしたね。うちの家系にがん患者がいなかったので自分をちょっと過信してた。そこは反省してます」と話した。現在の体調について「人生で一番いいですね」と笑顔を見せた。

 東はがんを機にライフスタイルを一変させたという。「食事からライフスタイル、運動に対する意識から仕事への向き合い方、家族、全部が変わりました。今まで緩い感覚で生きてきたなという感じ」と大きな変化があったようだ。

 続けて「1日1日がとても前向きで、ちょっとしたことでも心が乱れたりしなくなりましたね。とにかく『生きてるんだから』って。今日できることはやろう! いつかとかはなくなりました」と話した。

 英子さんも「明るくなった。疲れた顔を見せなくなりました」と娘の前向きな変化を喜んでいた。

関連タグ:

ピックアップ