マツケンサンバ紅白出演決定で「カツケン」は? さらに「徳川慶喜」の共演期待も

2021年11月20日 11時06分

香取慎吾(東スポWeb)
香取慎吾(東スポWeb)

 マツケンは決定! カツケンは?

 俳優の松平健(67)が扮するキャラクター「マツケン」が年末のNHK紅白歌合戦特別企画枠で曲「マツケンサンバⅡ」を披露することが発表された。

 松平は同曲がヒットした2004年に出場し、今回が2回目。この令和の時代に出演が決定したのは、東京五輪での「バズり」が理由だ。閉開会式のゴタゴタでSNS上では嫌気ムードが蔓延。そんな中で「東京五輪にはマツケンが必要だ!」と緊急出演を望む声が大きくなっていた。結果、五輪には出演できなかったが、NHK制作サイドもその影響力を再認識し、選出に至った。松平は「待っていていただいた皆さまのために精一杯元気に務めさせていただきます」とコメント。

 一方でファンの間で話題となっているのが、俳優の香取慎吾(44)がパロディーとして扮したマツケンならぬ「カツケン」の紅白ゲスト出場だ。

 マツケン&カツケンは何度も共演があり、名コンビとして知られる。

 東京五輪開催時にはマツケン登場を望む世論に反応し、香取が自身のユーチューブチャンネルで「マツケンサンバⅡを踊ってみた」を配信し、話題となっていた。

 NHKとの関係も良好で、12月30日には香取が山本五十六役を務める、太平洋戦争80年の特集ドラマ「倫敦(ロンドン)ノ山本五十六」が放送される。また、草なぎ剛(47)はNHK大河ドラマ「青天を衝け」で徳川慶喜役を演じた。

「マツケン&カツケン&徳川慶喜のサプライズも十分に考えられます」とは芸能関係者。実現を期待したい。

関連タグ:

ピックアップ