熊田曜子の夫が裁判で無罪主張「抑えていたものが出てしまった」

2021年11月17日 19時34分

熊田曜子(東スポWeb)
熊田曜子(東スポWeb)

 妻でタレントの熊田曜子(39)を殴ったとして暴行罪に問われた会社経営者の被告(38)の第3回公判が17日、東京地裁(深野英一裁判長)で開かれた。

 起訴状などによると、被告は5月18日午前0時頃、酒に酔って帰宅し、熊田の顔面を平手で叩いたとされる。

 この日は被告人質問が行われ、被告は「殴っていない」と否認。改めて無罪を主張した。

 9日に行われた前回の公判では、事件現場で熊田がスマホで録音した音声データが証拠として法廷で公開された。

 音声データには「パチン」と何かを叩く音が録音されており、これについて弁護人が「これは平手打ちの音?」と質問すると、被告は「違います」「はだしで右足を大きく踏み込んだ時に、足の裏と床のフローリングが接触した時の音」などと説明した。

 事件は、熊田がママ友から子供を預かることを頼まれたことと、約1か月前から熊田の浮気を疑う話し合いが続いていたことをめぐって、夫婦間で口論になったことがきっかけ。

 被告は「1か月間話し合ってきたから、認めるところを認めてほしかった」「そもそもコロナで学校が休校になっている。(子供を預かるのは)休校にした意味がないし、ルール違反。頭にきて話し合いを求めた」などと語った。

 また、裁判官の「怒りが爆発した?」という質問には「爆発ではない。抑えていたものが出てしまった。自分のことを理解してほしかった」などと話した。

 次回の公判は12月16日に行われる予定。

関連タグ:
 

ピックアップ