〝和製ビヨンセ〟TAEKOがお披露目ライブ「ゆくゆくは世界で活動していきたい」

2021年11月16日 18時48分

TAEKO(東スポWeb)
TAEKO(東スポWeb)

 9月にデビューした歌手のTAEKO(29)が16日、都内でお披露目ライブを開催した。

 2021年、超大型新人が彗星のように現れた。9月1日にデジタルシングル「Queen Bee」でデビューしたTAEKOだ。卓越した歌唱力、幼少のころから続けてきたダンスを武器に、7月から有線で同曲が流れるとリクエストチャートを駆け上がり最高2位になった。「(有線で自分の声が流れて)もちろんうれしい気持ちはあったんですけど、不思議な気持ちでした」

 2018年にはニューヨークのアポロシアターのステージに立ち、アマチュアナイトの決勝大会で5位に輝いた。20代前半の時、フィリピンのセブ島に語学留学していた時、偶然アマチュアナイトの存在をインターネットで知ったことがキッカケ。応募があった時に単身、ニューヨークに飛び、予選を勝ち抜いた。

「本選に出た時は、出られるんだと震えました」

 この日はデビュー曲のほか、先月リリースした「I’ll Be There」、アポロシアターで歌ったビヨンセの「Listen」の3曲を披露した。「日本で色んな方に知っていただいて、ゆくゆくはアジアとか世界で活動していきたいなと思います」。

〝和製ビヨンセ〟とも称されるTAEKOが世界に向けて大きな一歩を踏み出した。

関連タグ:

ピックアップ