梅宮アンナが懺悔…辰夫さんが6年間作り続けた牛ヒレステーキ弁当「飽きちゃって友達とトレード」

2021年11月15日 16時45分

出版記念発表会に登場した梅宮アンナ(左)と母・クラウディアさん(東スポWeb)
出版記念発表会に登場した梅宮アンナ(左)と母・クラウディアさん(東スポWeb)

 タレントの梅宮アンナ(49)が15日、都内で行われたレシピ本「梅宮家の秘伝レシピ」の発表会に登場した。

 父で俳優の故梅宮辰夫さん(享年81)は料理上手で知られ、2019年12月に慢性腎不全のため死去する直前まで、分厚いノートにレシピを書き続けていたという。ノートは20冊を超え、書きためられたレシピは2000品。その中からアンナと母のクラウディアさんが絶品料理を厳選し、アンナが監修を務めて今回のレシピ本がまとめられた。

 発表会では、箱入り娘だったアンナらしいぶっちゃけトークが展開された。

 辰夫さんは生前、家庭でキッチンに立ち続け、アンナは料理をする余地がなかったという。「小さい時、食材は築地(市場)に行かないと売っていないと思っていた」と苦笑い。

 アンナは中学高校の6年間、辰夫さんの手作り弁当を持って登校した。「愛情弁当」と呼んでいたそうで、「6年間、メニューが全く変わらなかった」。牛ヒレステーキや焼きめんたいこが並べられた豪華なのり弁当だった。

「私は飽きちゃって。友達と(おかずを)トレードしていた。(辰夫さんには)『友達が食べたよ』と言えなくて食べたふりをしていた」

 2001年に一般男性と結婚した際は、結婚祝いとして「私は『現金がいい』と言った。(辰夫さんは)『何言っているんだ。コレがいいじゃないか』と」と、レシピノートを手渡してくれたという。

 辰夫さんのお別れの会はコロナ禍のため開催できていない。「(コロナ禍が)終わった時に少しやろうかなと思っている」と説明。今年の3回忌は家族だけで行う。

 03年に離婚している。再婚について確認され、「(手料理を)作ってあげたい人はいない、本当に。この先もいないと思う。母からは私の顔をみるたびに『再婚』と言われる」。両親はおしどり夫婦だったが、「私は(結婚生活は)イヤなんです」と頭をかいて笑わせた。

関連タグ:

ピックアップ