“ゲス不倫”歌広場淳に武田鉄矢「女性が泣いてるってところが救いようがない」

2021年11月14日 11時49分

歌広場淳(東スポWeb)
歌広場淳(東スポWeb)

 14日に放送されたフジテレビ系の情報番組「ワイドナショー」で、「ゴールデンボンバー」の歌広場淳が、20代女性との不倫&中絶トラブルで活動自粛したことを取り上げた。

 お笑いコンビ「Aマッソ」の加納は、「なかなか、こんな救いようのない感じで週刊誌に出ることもないかな」。さらに「擁護ゼロですね」と切り捨てた。

 武田鉄矢は「ひっそりした女の子たちを励ますような歌で、歌謡界のジョーカーを気取ってきたわけじゃないですか。どんな恥ずかしいことでも『君のために歌うためだったら、何でもやるよ』みたいな。その肝心かなめの女性そのものをここまで傷つけてしまうと、足元から全部崩れていきますよね」とコメント。

 さらに「女性が泣いてるってところが、(加納が)さっき言った、救いようがないんですよ。これが逆にね、女性と何があってもいいんですけど、先に泣くといいんですよ。女性の足もとに向かって『捨てないで!』って言ってるうちは芸になるんですけど」と話したが、加納は「ちょっと分からないですね」とツッコんでいた。

関連タグ:

ピックアップ