宮迫博之がヒカルとの焼き肉店“決裂”表明「すでにいろいろ傷つけてしまってる」出資分は全額返済へ

2021年11月11日 20時14分

関西コレクションで共演したヒカル(左)と宮迫(東スポWeb)
関西コレクションで共演したヒカル(左)と宮迫(東スポWeb)

 お笑いタレント・宮迫博之が11日、ユーチューブ「宮迫ですッ!」を更新。ユーチューバー、ヒカルと共同で手掛ける焼き肉店「牛宮城」が暗礁に乗り上げてる件について説明した。

 宮迫は「『牛宮城はどうなってるのか?』とご意見をたくさんいただいてまして、そのご説明を改めてさせていただきたいと思います」と頭を下げ、「現状、ヒカルくんとの試食会を経て、いろんな焼き肉のプロの方にお話をうかがって、その上で問題を洗い直して見直してみました。結果、今の状態でヒカルくんと掲げていたコンセプトのお店を作るのは難しいという判断に至りました」と経緯を語った。

 その上で「このまま続けていくと、ヒカルくんのブランドを傷つけてしまう可能性がというか、すでにいろいろ傷つけてしまってると思うんです」と苦渋の表情を見せ「それは本当に申し訳ないことですし、絶対にしてはいけないことなので、今後もこのまま続けていって成功するか分からない中、これ以上ヒカルくんにリスクを背負わすのは絶対違うな、というふうにチーム全員で話し合って、我々からお願いしてヒカルくんには撤退していただきました」と告白。

 さらに「共同経営者としてヒカルくんが出したお金というのは、責任をもって全額返済いたします」と約束した。今後は、完全撤退ではなく宮迫自身とそのスタッフで「牛宮城」開店を目指す。

 また動画後半には「後これは絶対言いたいんですけど」と前置きし「ヒカルくんと仲たがいとかそういうことは、けんかをしたとかそういうこともないですし、お互い今後とも…。ヒカル君から『今後とも楽しい動画撮りたいですから、よろしくお願いします』というあったかい言葉ももらってる」と証言。今後も動画でのコラボは継続するとした。

 最後に「絶対楽しんでもらえるお店にします。なので見ててください。頑張ります。よろしくお願いします」と再び頭を下げた。

 ヒカルに関しては今月初めにツイッターのプロフィル欄から「宮迫博之」名前が消え、臆測を呼んでいた。

関連タグ:

ピックアップ