香取慎吾 丸刈りでNHK「倫敦ノ山本五十六」で山本五十六役に挑む

2021年11月11日 16時01分

山本五十六役を演じる香取慎吾(東スポWeb)
山本五十六役を演じる香取慎吾(東スポWeb)

 俳優の香取慎吾(44)が12月30日に放送される太平洋戦争80年・特集ドラマ「倫敦(ロンドン)ノ山本五十六」で山本五十六役に起用されたことが11日に発表された。

 同ドラマはNHKの独自取材で明らかになった海軍内部の極秘文書に
基づく実録ドラマ。香取は国民から「英雄」と呼ばれるようになる以前、海軍という組織の中でもがき続けた、新たな「山本五十六像」に挑む。

 開戦前の昭和9年、ロンドンに降り立った山本五十六が国家の命運を背負い、アメリカをはじめとする列強との軍縮交渉に臨もうとしていた。

「交渉が決裂すれば、日本は国際社会でさらに孤立する」。組織の中で板挟みになり、苦悩の末に、五十六が下した「ある決断」がドラマでは描かれている。

 香取は「大河ドラマ『新選組』以来17年振りにNHKのドラマに出演させて頂きます。時代を背負い、背を正し、視聴者の皆様にその瞬間をお届けできるように、この役としっかりと向き合いたいと思います」とコメントを寄せた。

【関連記事】

関連タグ:
 

ピックアップ